http://blogcircle.jp/ping/rcv/27540 https://blog.with2.net/link/?1990271

いつかきっと!

いつかきっと!いつかきっと!普通の生活をしたいと願っていた。幼少時代貧しさから抜けだし今に至る忘備録です。

一言でいいから誉めてもらいたかった…

f:id:sin-jack-in-a-box:20181230190714j:plain

 13歳の春、家計の足しにでもなれば。

少しでも楽になるればと思い

新聞配達をはじめた。

勿論、両親に言われたからじゃなく自主的にだ。

これでも長男

少しではあるが責任感からアルバイトを始めた。

そんな私をみても母は働かなかった。

父は少しは働くが、すぐに仕事を休んではパチンコに入りびたりになったいた。

朝早くバイトに行く私をどんな目で見ていたのでしょうか?

「ごめんね」の一言でもあれば・・・

毎日

毎日

寒くても

雨でも

雪でも

新聞配達に行った。

勉強をする時間が無くても

それでもバイトに行った。

両親に褒めてもらいたかった。

すこしでもいいから・・・・

涙が出そうになった時もあった。

それでも我慢してバイトに行く

すこしでも生活費のたしになればと頑張ったあのころ・・・

もうもどりたくない・・・・

 

 


生活保護ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村