http://blogcircle.jp/ping/rcv/27540 https://blog.with2.net/link/?1990271

いつかきっと!

いつかきっと!いつかきっと!普通の生活をしたいと願っていた。幼少時代貧しさから抜けだし今に至る忘備録です。

貧しかったあのころ

貧しかった幼少時代。

 

f:id:sin-jack-in-a-box:20181230190714j:plain

 

 

働かない両親

すぐに仕事を辞めてくる父

家でゴロゴロしている母

勿論祖母とも仲が悪く

一日中

いや、年中いがみ合っていた

平穏な日々などなかった。

そんな家庭の7人兄弟の長男として生まれてきた。

生活が苦しく、あのころ長男として何とかしないとでも思っていたのでしょう。

13歳の春、友人の紹介で新聞配達を始めた。

朝3時起きで新聞店まで走る。

自分の自転車がないのでお店のを借りて配達に出る。

雨だろうと、風だろうと、雪が降ろうが新聞がある限り配達に出かけた。

毎日

毎日

新聞配達を終え、食事を済ませ学校に行く

授業が終わればまた新聞店に行く

アルバイトが終わり、帰宅し食事

勉強はその後だ、

いつも就寝は11時を過ぎていた。

それでも朝はやってくる。

3時起きでバイトに行く

そんな毎日の13歳の春だった。

 

 

 

 


生活保護ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村