http://blogcircle.jp/ping/rcv/27540 https://blog.with2.net/link/?1990271

いつかきっと!

いつかきっと!いつかきっと!普通の生活をしたいと願っていた。幼少時代貧しさから抜けだし今に至る忘備録です。

13歳の冬 凍える手それでも我慢した。

 

f:id:sin-jack-in-a-box:20190109200041j:plain

凍える手

13歳の冬今以上に寒かった。

よくこの寒さの中

新聞配達できたものです。

若かったからでしょう。

眠る時間もなかった・・

睡眠時間を削らないと

宿題もできなかった・・・

寒くて凍えそうになった・・

薄いジャンバーを羽織って

寒い中

配達をしていた。

寒かろうと

新聞店の店長がジャンバーをくれたことがあった。

嬉しかった。

親にもして貰えない親切

涙が出そうだった

今、あの頃を思い出すと

目頭が熱くなる。

親切にされたことがなかった・・

そんな13歳の冬だった。

 

 

 


生活保護ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村